FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月29日東京島

桐野夏生「東京島」365ページ
東京島


無人島に漂流してしまったら・・・・、そこには自分以外には女もいなくて・・・・、漂流者が増えてそこは・・・

って感じに物語りは始まります。
漂流してたどりついた無人島に「東京島」と名づけ、そこから必死に脱出を試みたりとするわけですが、何ともそこにいる人々の心境が上手く描かれています。
もちろん、汚い部分も多く描かれていたり、不思議に思うような部分もあるんですが、無人島という極限状態がそうさせるのか?と思いながらも読み続けてしまいました。

今年映画化もされていた作品ですが、ブログ書く時点でようやくそれを思い出した不具合www
スポンサーサイト

10月24日ハップル望遠鏡

大阪へ行ったんです。

ハップル宇宙望遠鏡を見てきました。

これは、地球軌道上を飛びながら外宇宙までを観測する望遠鏡なのだ。
実物は見れないけど、ココ(サントリーミュージアム)でやっている3D映画で、
外宇宙をこの望遠鏡で捉えた映像だとか、とある天体の生まれる映像だとか、
リアリティたっぷりに3D映像で見れました。


ここで見られる何億と言う天体の中で、
たまたま地球に生まれてこうしているわけですが、
何とも言えない衝撃を受けたというのか、やっぱり何とも言えないwww


それにしても、大阪まで日帰り弾丸ツアーだったので、朝の9時~帰ってきたのは夜の10時。
大阪観光もせずに、移動⇒ハップル⇒昼食⇒水族館⇒帰り(渋滞)⇒晩飯⇒帰宅って感じでした。


しかしいい刺激を受けた。お好み焼き食べた時にビールが飲めればより最高だったなw
おこのみやき

おまけのマンボー
まんぼー

10月22日火車

宮部みゆき「火車」582ページ
火車


主人公はまた刑事。ま、サスペンスやミステリーの主役と言えば刑事か探偵がほとんどか。
今回は足を怪我して休職中の刑事のところに親戚が相談しに来て話がはじまります。
失踪した婚約者を探す話のはずなのに、追えばおうほど謎は深まり、そして・・・・って話なんですが、読んでる人に次のページをめくらせたくなる小説です。おかげで電車乗り越しそうになったし、会社休もうかと思ったし。

そういうのには気をつけて欲しいですね。自分は2日で読んでしまいました。

10月19日誰か

宮部みゆき「誰か」458ページ
誰か

宮部さんのミステリー作品です。
自転車にぶつかられて亡くなってしまった、会長の運転手の死因やその背景をさぐっていきます。

どうして?誰が?なぜ?と聞き返したくなる部分も順に調べると少しずつ故人の過去や、調査を依頼した娘達についても色々と分かってしまい・・・


自分との関わりの中では全くのいい人と印象が、過去には色んな面を持ち合わせたり、そういう部分に触れるってのはなんか考えものですねぇ。この作品ではその辺がゆっくりと書かれていますが、身内のそんな事を知っていくとしたら。と考えるとやはり・・・・

10月16日ふっとさる

ここのところ、月1回のフットサルはほぼ全て参加しています。

そのせいなのか、シュートしたり、ドリブル、パスは以前よりも慣れてきて、いい感じなのですが・・・・



自転車とかもあまり乗っていない(のとビールの量が増えた)為、息切れは早くなってしまい、そう、走れないんです!!


ハーフコートがいいところですかねぇ。サッカーの半分以下のコートだと言うのに・・・・

車通勤から電車通勤へ、電車通勤から電車+自転車通勤へと徐々に変えようかなぁ。


ってそんな事考えながら、帰りには「はなまるうどん」でカレーつけ麺を食べてしまった。
毎回、そう明日からがんばr

10月15日飲み会

相変わらず週末は呑んでます。


今日は、来週から取引先の会社に研修に行く後輩の送り出し会。
別部署主催の飲み会なんですが、自分の下についている後輩が元々その部署からの借り物・・・・前にも書きました通りで、お呼ばれして参加してきました。


たまに違う人たちと呑むのはやはり楽しく。

2次会にも行き(とは言っても、終電があるため1時間ちょいくらいですが)、楽しく飲めました。

10月13日ブルータワー

石田衣良:ブルータワー 486ページ

ブルータワー

脳腫瘍をわずらい、余命いくばくの主人公は、痛みと共に別の世界へと意識を通わせる。
そこは200年後の未来。ただし明るい未来ではなく、インフルエンザ菌を細菌兵器として使ってしまった地獄のような世界になっていた。

語り継がれる世界を救う男として、たくさんの人々が命を投げ出してまでシュウジ(主人公)を助けようとしたり、それを受けて、やらないと!みたいな感じになっていく展開は読んでて面白いものの、各種批評にもあるように、SFってまぁ後追いで何でもできちゃう感じもするので、未来の描き方はちょっとどうかな?と思う部分もありました。
それでもソークと言う名のボディガードのキャラクターは何とも好感がもてました。

10月11日飲み会

飲み会ってよりは先輩後輩と3人で飲みに行きました。

祝日なんですが仕事なんです。こんなのが年に数回ありますんで、世間の3連休とか全くと言っていいほど関係なしです。

まぁ、外からの電話とかが少ない為にいつもよりは仕事しやすいんですが、この日は、
①祝日を使っての社内研修のため、実施する自分の部署の人はそっちに参加(自分は留守番)
②後輩も研修を受ける立場のため、やっぱり自分は一人ぼっち。
③朝から役員から電話かかってきて、打ち合わせしたいから工場に来てくれとか依頼受ける。
④いつも後輩に処理任せてる書類が、今日に限って急ぎで20件。少し時間に余裕がある書類は130件。

てな感じで、どっちかといえばいつもよりも忙しい1日になっちゃいました。

ま、気分転換に呑みに行って、
呑み放題90分1000円とかって言うから行ってみると、生ビールはダメです。とか言われて結局やめ。
生大を4杯頼んで呑んでました。

秋になったと言うのにまだまだビールが美味い。(いつでもか?)

週末も呑む予定、その次の週も飲み会企画中。

相変わらずな毎日のようです。

10月10日映画

先週に引き続き映画です。

今回は午前中に「13人の刺客」を見ました。
13人の刺客

お偉い将軍の弟は、実は脳ミソおかしくて、毎日毎日狂ったような生活をし、自分以外はムシけら以下に考えているようなやつを、「ヤッチマワナイト、日本はタイヘンダ」的な感じで正そうとするそんな話です。

13人のうち、数名はやはり役どころとか薄い感じはあるものの、ストーリーも期待に沿うし、アクションや演技もヒドイのがなくてなかなか楽しめる作品です。これは1200円。


んでもって、調子に乗って午後は話題の「ナイトアンドデー」
ナイトアンドデー

話題は話題ですよねwww
話題先行の作品で今年成功したと思ったのは「インセプション」だけだろうか。

アクションシーンとか、特にダメってこと無いんですが・・・・
トムクルーズさんも別に悪いわけじゃなく、
キャメロンディアスさんもかわいくないとかそんなわけじゃなく、

でも何とも想像を超えないストーリーと展開でした。

って事で800円。

10月8日飲み会

結果から言おう。この日の飲み会は最悪だった。


新しく(自分の部署じゃないけど)昇進した部長の昇進祝いでした。

途中までは景気よく飲んでいて、部長はそもそも好きじゃないんで遠い位置で飲んでいて問題なかったんですが・・・・・

〆の直前、大将(あだ名)が一役買い、大いに盛り上がったところでそのままお開きになればよかったんですが、そこからが地獄だった。

昇進した部長の直の部下D(以下Dと記載。)が、何を思ったか自分の部署だけ苦労をしている的ナ話をしはじめ、それが10数分。その場にいた全員がシラケテても何も気にせず話しかけるこのD。
そもそも社内でも嫌われてて、同じフロアでまともに話しを聞いて返してくれるのは部長と嫁(同部署のお局さん)のみ。

散々話した挙句、何を言いたいかも全員聞いてない状況でようやく解散しました。

後日、飲み会の場所から家までどうやって帰ったか分からないとか言っていましたが、そうなれば飲み会の最後に延々とくだらない演説したのは覚えているのかと反省文原稿用紙300枚に書いてもらいたいくらいの気分でした。


呑みなおしに2次会に行きましたが、さっきとは打って変わって楽しい会に。


やっぱ、呑むなら邪魔者はいないに限りますね!!

10月5日笑う警官

笑う警官:佐々木 譲 375ページ

笑う警官

舞台は北海道警察。
不正がバレ、世間体を気にしたような組織改革をしてしまい、○年以上同じ部署にいた人は異動。○年以上同じ署にいた人も別の署に異動。と言った感じでベテランが役立たずにされる組織改革。こんなの会社でやられたらたまらんですねwww

そんな中、とある刑事が同僚殺しの容疑をかけられ、それを助ける為に佐伯(主人公)は仲間を募りながら事件解明に乗り出す。

やはり佐伯(主人公)の読みで先手先手に動くと、それに振り回される警察本部。仲間内に情報を流しているヤツがいるのが分かっていながら、それを逆手に動いているのが読んでいて面白いです。

この北海道警察シリーズがいくつかあるらしいので、探して読んでみます。

10月3日映画

久々ですが、見に行って来ました。しかも2本。

漫画家、ハロルド作石は好きです。ゴリラーマンからベックまで漫画喫茶とかでだいたい読んでると思います。

ですが、映画は何とも言えない嫌な後味が残りました。
まず、コユキ(主人公)の歌声が一切出ないのはどうなんだろうか?!

どんな声なんだろうと漫画を見ながら想像した我々を絶望させないように描いた結果が無音だとするなら、そもそも映画化なんてするべきじゃないんだろうか?そこが物語のキーなんだから。
一緒に行ったツレは、漫画とか観たこと無くてストーリーが良かったとか言っていましたが、15~20分に1回くるコユキの歌声(無音)シーンに何度萎えた事だろう。
てなわけで、ハロルドさんには悪いですが300円(今年最低)

ベック

で、見直したのがこちらの「バイオハザード4」
ちなみに、1と2は見たことあったんですが3は見たか覚えていません。ですが4をいきなり見てもそんなに違和感無い感じかなぁ。
さておき、この後こいつやっぱり死んじゃうのかなぁ?とか思ってると案の定そうなります。期待に沿ってくれるそんな作品なのですが、ゲームも含めて、最近のものは(私の尊敬する伊○院さん曰く)「ホラー要素が減って、スプラッター要素が増えた。」らしいです。
言われてみて、その通りかな。と納得しちゃいました。

こちらは800円ってところでしょうか。

バイオハザード4

10月1日ざれごと

さて、2010年も残すところわずか3ヶ月。


そして仕事でも、月初が忙しくなってきました。

色んなストレスを抱えつつ、頼れる人がいるような、いないような。

秋休みを作るつもりで動いていましたが、少し難しくなりつつある毎日です。


秋は、秋刀魚食べて、ビール飲んで何とか乗り切りましょう!!
プロフィール

oflights

Author:oflights
毎日会社とFFの往復を(会社じゃろくに働きもしないで給料だけをもらう。)している、

そんなアフォなヴァナ人が送る日記です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ヴぁな・でぃーる

Profile

FC2カウンター

無料カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。